<< お星さまになったまる No.2 | main | うしお緊急入院 >>
お星さまになったまるNo.3
あれから2年。
今まるに伝えたい事は、私にたくさんの事を教えてくれてありがとうと言う事と、あなたに出逢えて本当によかったと言う事です。

当初はと言うか今でもですが、まるを置き去りにして引っ越した飼い主を恨みましたし、なぜ完全室内飼いにしなかったのか、なぜ避妊手術をしなかったのかと憤りを感じました。
完全室内飼いだったらエイズに感染する事もなかったでしょうし、避妊手術をしていれば乳腺腫瘍が出来る事もなかったでしょうし…。
挙げ句の果てに長年生活を共にした家族同然のまるを棄てるなんて。

もしその飼い主に会う事があれば、まるがどんなに苦しんで逝ったか言ってやりたい。

遺棄する人間の気持ちは解りませんが、おそらく殺処分さえしなければどこかで誰かにご飯をもらいながら生きていくだろうと安易な考えで遺棄するのでしょうが、外暮らしの猫達の生活はそんな甘いものではないです。
日々命の危険にさらされ、それでも必死で生きていくしかないのです。
どんなに苛酷でも動物界に自殺なんてあり得ないのですから。
| - | 04:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH