<< 外猫たち | main | 保護の有り方 >>
見つけてもらえなければ…。



いつも猫達の病院への搬送や、お見合いなどで車を出して下さり、大変お世話になっております、せぱゆさん。



そのせぱゆさんが見つけてくれた可愛い女の子。



風邪症状もあり、お世話をするのが不安との事で、うしまる家でお預りする事になりました。



仮名は『パンナ』ちゃん



パンナちゃんは、ポツンと一人でうずくまっていたそうで、キャリーに入れる際にも暴れなかったとか。



抵抗する気力もなかったのでしょう。



体長などからみても生後4ヶ月くらいなのに、1.2kgしかありませんでした。



背骨もゴロゴロ、骨盤もくっきり分かるほど骨ほね。



目やにや涙が絶えず流れていたのでしょう、毛は抜けて皮膚から血が滲んでいました。



鼻もスースー、くしゃみもあります。



でも、鼻の詰まりはない様で、ご飯は物凄い勢いで食べます。



どれだけの飢餓状態が続いたのでしょう…。



当日、せぱゆさんが病院へ連れて行って下さって、ウイルス検査(陰性)、コンベニア、点眼、内服薬を出して頂きました。



自宅にでレボリューション、補液をしました。



少し怖がる素振りはしますが、抱っこするとゴロゴロのあまえっこちゃん。



常にフミフミしてます。




保護当日



 





一週間後









脱毛している部分の赤みは引いて来ました。



毛が生えてキレイになったら、きっと超美猫さん。



もう少ししたら、里親様を募集したいと思います。




パンナちゃんの様に、見つけてもらえて、保護治療してもらえる子は、きっとほんの僅か。



ご飯ももらえずに、空腹と寒さの中、人知れず儚く消えて行く小さな命達がどれ程存在するか…。




そんな過酷な外の世界だからこそ、増やしてはいけないと思う。




そんな想いを抱く方が増えてくれればと願う。



これから本格的な冬。



飢えと寒さに震える猫の姿は見たくない…。







| - | 09:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ushimaru.jugem.jp/trackback/803
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH