<< ご支援物資をありがとうございます。 | main | 外猫たち >>
かつおとたらこ


今日は、暫く登場していなかった、カツオ♂とタラコ♀の事。



この二匹は、白血病キャリアです。



現在3歳半になります。



ほぼ母子感染であろうこの二匹が、元気で過ごしてくれている事は、私の自慢。



引っ越し当初は、白血病の五匹のためのお部屋でしたが、保護しなければならない猫達が増えてしまい、1日の半分しかフリーにしてあげられず、申し訳なく感じています。



同部屋には、ほとんど触れない大人猫達がそれぞれケージに入っていて、キャリア組と交代で遊ばせます。



ストレスも発症の原因の一つになるので、おもいっきり遊べる隔離出来るお部屋があれば良いのですが、それは無理な現状。



だから、フリーにした時には、極力遊んで撫でてあげます。



甘えっこで仲良しなカツオとタラコ、先に逝ってしまったワカメちゃん、テンちゃん、カンちゃん、シャムニさん、ジュラがきっとパワーを送ってくれてるね。



いつまでも元気でいて欲しい。




タラコ







カツオ











白血病は、怖い病気です。



何が怖いって、日々のグルーミングや食器の共有等で移る可能性があるから、発症してしまった場合、僅か一週間から10日ほどで壮絶な最期を迎えてしまうから。



成猫だから移らないと過信して蔓延させる前に、もっと白血病の正しい知識を身に付けるべきです。



ウイルス検査もしないで、保護し譲渡する、こんな怖い事はありません。



譲渡した先に先住猫さんが居たら?



譲渡した後にまた別の子を譲り受けたら?



病気にならなくても良い子が、壮絶な苦しみを味わい、短命で終わることになります。



その子の将来を台無しにし、飼い主さんにまで見ていられないほどの苦痛を与える事となります。



生まれながらにしてキャリアの子は致し方ない、少しでも穏やかに過ごす努力をすれば良い、でも人間の間違った知識や、意識の甘さから一匹の猫の将来を潰す事は許せない。



白血病の子の看取りは、本当に本当に辛いんです。



こんな経験は、猫にも人にもさせたくないから。










| - | 08:00 | comments(10) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
白血病イロイロあり調べたら怖いです・猫が可哀相です。

調べた理由は知り合いの人が猫が増えて、とある保護活動している方に2匹を里親探しをお願いしたそうですが、里親が見つからないのでその猫を戻してもらう事に。

だけど、預けた時と違う状態で知人に相談して検査したらエイズ・白血病ともに陽性でその知り合いはショックで、倒れたと聞き、エイズ・白血病が移るとだと初めて知り怖くて調べてみました。

まだ、間違った・知らない方がいるんだなと感じました。
| ダブルキャリア猫 | 2018/11/13 9:10 PM |

3年前にアニパルから猫を迎えましたが、白血病で亡くなりました。
うしまるさんのところで3年半も生きているなんてスゴいですね(^^)

うちの猫は、白血病発症によるFIP で、とても苦しんで亡くなりました&#128557;

その後もアニパルから譲渡猫を迎えて、
現在では、アニパルでボランティアをしてます。

宮城仙台のボランティアの中には、問題ありの方がいます。
色々と耳にする機会が多いです。

白血病キャリア、エイズキャリア、ダブルキャリアの猫がいるのに
子猫を保護している方がいて、
かなり死んでいるようだと聞いています。
これ以上、猫に関わってもらいたくないし保護して欲しくないという情報
を聞き、
その人の事で相談をしたいぐらいです。

猫のボランティア同士が情報を共有する事が必要だと思います。
あの人には預けない!と、いうルールをつくらないといけないと思います。








| みぅちゃんママ | 2018/11/15 3:19 PM |
ダブルキャリア猫様、コメント有難うございます。

預けた猫ちゃんは、ウイルス検査をしていたのでしょうか?
保護活動をされている方だから安心して預けたのでしょうけど…。
その猫ちゃん達はどうなったのでしょうか?

もし、ウイルス検査陰性の状態で預け、その後感染して戻されたのでしたら、その保護活動されている方へも伝えなければならないですよね。気づかずに保護を続けていたら、次々感染してしまいます。

と言うか、保護活動をされている方で検査もしないで受け入れる、接触させるは、有ってはならない事ですよね…。

| うしまる | 2018/11/16 9:44 AM |
みぅちゃんママ様、コメント有難うございます。

白血病の子を看取って下さったのですね。大変でしたね、お気持ち御察し致します。
これは経験した者でないと分からない部分がありますから、何とも。

そうですね、白血病の子はリンパ腫だけでなく、FIPも発症しやすいですよね。何れにしても苦しい苦しい最期であったと思います。

でも、側にみぅちゃんママ様がついていて下さった事が救いです。

きっと手を尽くして下さった事でしょう。

有難うございます。

そんなお辛いご経験をされても行き場のない子、命に期限がつけられた子を救って下さって有難うございます。

誰にでも出来る事ではありません。


問題ありとの方の件ですが、キャリアの子が居るのに子猫を保護していると言う点では私も同じです。

ただ、私は接触はさせていませんし、キャリアの子に限らず、新たに保護した子は環境に慣れてもらうためにも暫くはケージ生活です。

次々亡くなっていると言うのが事実でしたら、かなり問題ですよね。

噂や又聞きなどで振り回されてはいけないくらい重大な事です。

先ずは事実確認をしてから、然るべきところへ相談した方が良いかと思います。

次々亡くなっている猫が居ると言うのが本当でしたら、行政に入ってもらい、斎場の記録を調べてもらうとか、まさかその辺に埋めている訳ではないでしょうから、記録は残っているはずです。

| うしまる | 2018/11/16 10:12 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/11/17 3:46 PM |
うしまるさん、いつもお世話になっております
外ですごく馴れている子がダブルキャリアだったり、白血病でドライタイプを発症して死なせてしまったことがあります。
キャリアであることは仕方がないことで、その子は何も悪くありません。
ですがノンキャリア子に感染させることのないよう一頭一頭ウィルス検査をして、うしまるさんがおっしゃる通り保護してしばらくはケージで隔離しておかなければならないと私も思います
コメントが入ってたので読ませていただいてけっこうショックを受けました
保護活動って、最低限のことは正しくしないと、猫がかわいそうです。
コメントにあったようにルールが必要なのかもしれないですね
白血病やエイズがうつるのだと初めて知り、とありましたが、知らなかったら驚かれたことでしょう
猫ちゃん体調大丈夫なのでしょうか、かわいそうに。。
| 近藤にゃんこ | 2018/11/17 7:59 PM |


ダブルキャリア猫様、飼い主さんの所に戻った猫さん達のその後の様子や詳しい経緯などをお知らせくださいまして、有難うございます。

内容の一部に公開を迷う様なショッキングな事も書かれてあったため、今回は非公開にさせて頂きます事をご了承ください。


ダブルキャリアでFIP発症の子は、亡くなってしまったんですね…。

でも唯一、飼い主さんの下に戻れた事が救いですね。

預けなければならなかった経緯や、預ける先を間違った事、後悔しご自分を責めた事でしょう。

でも、まさか保護活動をしている、世間では称賛されているボランティアのところで、白血病のみならずエイズまで移されるとは思いもしなかったでしょう。


もう一頭の子は、猫を思う協力者のお陰で、何とか維持が出来ているのですね、良かった。


キャリアになっていた事実を預かっていたボランティアに伝えたのに、まともに取り合ってくれなかったんですね。


そう言ったところも含めて、私は信じられません。

もし私がそのボランティアの立場なら、どれだけ気をつけていても完全とは言いきれず、慌てて保護猫達のウイルス検査を再度し直すはずです。

私が親しくさせて頂いているボラさんも同じ考え、行動をするはずです。


自分の過失を認めない人は、反省はないので同じ事を繰り返します。


犠牲になるのは猫達です。


ボランティアを支えて応援して下さっている方々にもお願いしたい、『あなたが信じて応援しているボランティアさんは、本当に大丈夫ですか?』と。



| うしまる | 2018/11/17 10:44 PM |



近藤さん、お世話になっております。

コメント有難うございます。

なかなかショッキングな内容ですよね。


これが、病気の事に詳しくない、知識のない方同士の出来事でしたら、まだ分かるのですが…。


改めて自分も更に気をつけなければいけないと実感させられました。


ただ、エイズや白血病と言う病気の正しい知識をお一人でも多くの方に知って頂く、関心を持って頂くきっかけとなれば良いなと思います。


まだまだ私も知らない色んなケースがあるかと思います。


他の方にもたくさんコメントして頂きたいです。


| うしまる | 2018/11/17 10:56 PM |
初めてコメントさせていただきます。

この記事に書かれたコメントがおひとりの方を指しているように思えてしまい、私が想像した方のことをコメントで書く気になりました。

私が想像したボランティアの方が保護した猫に出産をさせ産まれた子猫は、その方の家で先に保護されたダブルキャリアの猫に噛まれて白血病ウィルスに感染させられたと聞きました。

更にその噛まれた子猫から同じ母猫を持つ兄妹猫も感染をしたと聞き、その方の家から子猫たちを連れ出してくれた別のボランティアさんから子猫たちを引き取りました。

白血病に感染させられた子猫たちはまだ生後一歳にもなっていないのに既にいくつもの異常が出ています。

白血病ウィルスを持つ母猫から産まれたというならまだしも、ボランティアと名乗っているにも関わらず、自宅に保護した猫から感染させられたのならば、その事実をしっかりと公表するべきだし、自宅に保護した猫の再検査なり隔離なり、すべきことがあると思います。

それなのにその方は今も尚その事実を公表もせず、新たに子猫を保護しているのをSNSで見ていると、どのようなつもりで保護活動をされているのかと怒りと悲しみが湧いてきます。

これからもその方の家で保護されている猫たちは、このまま苦しまなければならないのでしょうか。

だとしたら悲しいですね。
| がみがみ | 2018/11/18 12:56 PM |
がみがみ様、コメント有難うございます。


白血病キャリアの子を受け入れて誠心誠意お世話して下さって、本当にありがとうございます。

そんな方だから尚更、これが病気にならなくても良い子、こんな辛い目に遇わなくても良い子達、人間の手によって感染させられた事が許せないのですよね。


がみがみ様がお世話して下さっている子達にも幸せになる権利、長く生きる権利があったはず、それを奪ったのはご想像の方です。


許せないことです。


ミスは誰にでもあります。


ですが、その後の行動がどう考えても事の重大さを理解していない、自分がどれ程猫を苦しめているか分かっていない行動に、疑問と不信感しかありません。


ただ、私はそのボラさんを潰したい訳ではありません。


立ち止まり、その方が保護している猫達一頭一頭に目を向け、向き合って欲しい、ケアをして欲しい、全頭ウイルス検査、数ヶ月後の再検査、それをしないうちは新たな保護は無理だって事、先ずは環境を整えてからでないと、更なる被害猫が出てしまう事を分かって欲しいです。


沢山の方に、白血病の事を知って頂きたい。
それが一番の願いです。



ボランティア同士で預ける預かる事はよくある事ですが、そこには信頼関係が必要不可欠です。


預ける側も必要最低限の検査などした上で預けるべきですし、どんな環境、保護の仕方をしているか確認するべきです。


世間の評判より自分の目で確かめて欲しいです。


安易に預けて猫の一生を台無しにする様な事がない様に。


| うしまる | 2018/11/21 4:24 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ushimaru.jugem.jp/trackback/801
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH