<< キャパオーバー | main | 里親様募集中!灰色貴公子 >>
K地区、親子猫保護

いつも応援して頂き、ありがとうございます。



ご飯やり禁止エリア、状態の悪い猫さんや飢えている猫さんばかりのKエリアで、新たに発見した親子猫を保護致しました。



キジ白ママは、高齢のお婆ちゃん宅でも幾ばくかご飯はもらえていたのかも知れませんが、保護するまで移動してしまわない様に、しっかり留めておいて欲しかったので、親子猫に食べさせて欲しくて、フードの差し入れをしていました。






それでも捕獲の日は、ガツガツ無我夢中で食べる親子猫。



そのお陰で、子猫3頭とママ猫を一緒に捕まえる事が出来、直ぐに病院へ。









子猫達は、シャーシャーびびりっちょ姉妹、一頭ずつ洗濯ネットに移し、エイズ白血病検査(陰性)、ワクチン接種、便検査、レボリューション、爪切りを済ませました。







ママ猫は、翌日避妊手術、ワクチン接種、エイズ白血病検査(陰性)、レボリューション、耳ダニ検査、便検査などを済ませ、避妊手術も無事に完了。



イカ耳3姉妹は、うしまる家へ。



ママ猫は、一旦いつもお世話になっている、せぱゆさん宅へ。



『山猫の耳毛』が生えた、野性味溢れるサビトラちゃん、三毛ちゃん、縞三毛ちゃんの3姉妹は、シャーシャー言ってますが、そんなに強力ではないので、まぁ慣れるでしょう。






何度か、硬い昆虫の足がウンチから出て来たり、紐の様な物を吐いたりはしましたが、みんな食欲旺盛で元気です。



あの最強きじーずを思えば、全然大丈夫。



最強きじーずだって、今ではあの子達にだけたくさんの愛情をかけて下さる里親様の下では、心を開いて一緒に寝たり、ブラッシングさせてくれたり慣れてくれました。




『ココ&まっくん』



だからこの度イカ耳3姉妹だって、この子達に焦らずゆっくり向き合って下さる里親様が見つかれば、甘えっ子にゃんこになるはず。





問題は、キジ白ママ。



避妊手術の際の血液検査で、血糖値が高めでした。



緊張して高くなるレベルよりかなり高かったので、現在外注での検査結果待ちです。



お婆ちゃんには、3才くらいと聞いていましたし、病院でもまだ若い猫さんとの判断ですが…。



もし、糖尿病との診断を受けてしまったらどうしようとの不安はありますが、今はそうでない事を願うしかないです。






親子猫を保護した後、このエリアの町内会長さんの所へご挨拶に行きました。



会長さんはお留守でしたので、奥様に事の経緯、町内の考え、保護した猫達の事、餌やり禁止では何も解決しない事などお話をさせて頂いたのですが、『猫』と言うフレーズを出しただけで、険しい表情になり、ご理解を得る事は難しかったです。



長年、極々一部の猫を守りたい方との確執が続いていた様です。



猫を巡って人間同士がいがみ合う、そのとばっちりが全て猫に向けられ、猫にとっては死活問題。



センターへも問い合わせてみました。



二年程前に、この町内から『猫をどうにかしてくれ』と連絡があったそうです。



その頃は、20頭以上いると言うお話だったそうですが、センターでの対応は、先ずは不妊手術を施して適切な管理。



町内で出した対策は、餌やり禁止。



その結果、猫達は命懸けで移動したか飢えて亡くなってしまったか…。



人間が安易に出した対策方が、猫達の首をしめる。



好きで外猫として生まれた訳ではないのに。





このエリアには、まだもう一組の親子猫が残っております。




一匹の猫を保護する、責任の重さに押し潰されそうになりながらの活動です。



皆様からの温かい救いの手のお陰で何とか保っています。



まだまだ途中経過です。



引き続き応援して頂ければと思います。










| - | 14:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ushimaru.jugem.jp/trackback/786
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH