<< K地区の猫達 | main | K地区の猫様達 >>
難しい親子保護


K地区の、キジトラママと子猫四ひきのうち、子猫2匹は保護出来ましたが、それから進展がないまま毎日せぱゆさんに車を出して頂き現場に出向いております。



ご飯がもらえない現場、空振りに終わっても、せめてご飯だけは、たっぷり食べさせたい。



お忙しい中、せぱゆさんも同じ想いでご協力下さっております。



親子猫は、数日雨が続いた事もあり、倉庫下から一軒隣のほぼ空き家状態の古い住宅の縁の下へ移動しましたが、出入り口が一ヶ所ではなく複雑にいりくんでいるため、中の様子がわからず、ただひたすら出て来るのを待つしかない状態です。





ママ猫は、私達が美味しいご飯をくれる人と認識して出て来て食べてくれますが、子猫2匹を奪っていった、怖いおばちゃんだ、気を付けなきゃと、なかなか子猫を呼んでくれません。



もう1ヶ月半クラスで歯もしっかり生えて離乳も全然大丈夫なはず、ママ猫だっておっぱいを吸われるのは痛いはずなんですが…子煩悩ママです。



今の時期であれば、ママ猫は次の発情に向けて、子猫達を徐々にご飯場所へ誘導する時期。



でも、このキジトラママのご飯場所と言えば、ゴミ集積所。



先日も、ママ猫はゴミの山の中に居ました…。








すぐにシーバを少しずつ置いて、子猫達のところに誘導。



お外の猫達は、食べる物がなければこうして生きるためにゴミを漁って、腸閉塞などで亡くなって行くんだなと、切なくなります。



上空からは、カラスやトンビが子猫を狙っています。



気持ちは焦るばかり。



先日保護出来たサビちゃんは、先に保護したサビトラちゃんと、仲良く元気に過ごしております。














体の半分がカイセンで脱毛してしまった黒猫ちゃんは、知人宅にて治療して下さっており、今までの飢餓状態を取り戻すかの様に、もりもり食べているそうです。



とりあえずの治療費として¥10000をお渡ししております。





外で頑張ってくれている口の痛いキントラ。



最近は、お薬が効いてご支援のご飯、パウチ三個ととろみ缶を平らげます。



ドライフードは、本にゃん恐る恐る数粒。









途中、痛くて悲鳴をあげる事もありますが、また気を取り直して、食べ始めます。


食べる事をあきらめていないのが救いです。




満足して、お顔のお手入れ。




早速に、ご支援物資をお送り下さった皆様、ご支援金を下さった皆様のお陰です。



心より感謝申し上げます。



まだ途中経過ですが、親子猫の保護頑張ります。





相方ベレーがいなくなり、少し寂しそうなチャーモも元気にしています。











| - | 06:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ushimaru.jugem.jp/trackback/782
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH