<< 三回目の胸水抜き | main | 次々です >>
ジュラのこと

 

白血病キャリアで、発症したジュラ。

 

 

15日夜から16日早朝の間に、永眠致しました。

 

 

亡くなった時間が分からないのは、私が仕事に出かけている間の事でしたから、看取ることが出来ませんでした。

 

 

日毎痩せて衰弱して行きましたが、前日にはちゅーる一本を食べてくれて、当日はフラフラになりながらトイレに立とうとしていました。

 

 

ただ、唇の色は黄疸で黄色く、目も時折瞳孔が開いた様に虚ろでした。

 

 

間もなくかな‥と。

 

 

苦しそうなジュラに、待っててとは、とても言えず、行ってくるねって撫でながら声をかけ、後ろ髪を引かれたまま出かけました。

 

 

 

 

帰宅し、真っ先にジュラの所に。

 

 

私の目に飛び込んで来た光景に、何が起きたのか直ぐには理解が出来ず、ジュラの姿に言葉を失ってしまいました。

 

 

ごめん、と繰り返すことしか出来ませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

ジュラは、大量の吐血をして、亡くなっていました。

 

 

既に、死後硬直していて、手足は突っ張ったまま、目も口も開いたまま、どんなにか苦しかったことか‥。

 

 

ジュラが一番苦しい時に、側にいてあげられませんでした。

 

 

側にいたとしても、激しい痙攣とうめき声、のたうち回るジュラに何もしてはあげられなかったと思いますが、その最期の苦しみを少しでも共有してあげたかった。

 

 

 

本当に申し訳ない、甘えん坊なジュラを一人で逝かせてしまいました。

 

 

ごめん、ジュラ。

 

 

なぜこんなに大量の吐血をしてしまったのか、獣医師に聞いてみました。

 

 

肺に穴が開き、水が入ったためではないかとの事でした。

 

亡くなる前日から、少し呼吸が浅くゆっくりになったのは、既に肺が壊れてしまい、ほとんど機能していなかったから。

 

 

聞いて更に苦しくなりました‥。

 

 

 

 

 

 

発症してからは、あっという間で、ジュラとの時間が持てなかったこともあり、本日まで一緒に居てもらいました。

 

 

今日、斎場へ。

 

 

 

ジュラとの出逢いは、一昨年の7月15日。

 

 

暗くて悪臭漂う倉庫の中に、もう一匹の兄弟と一緒に居た。

 

 

あまりに状態が悪くて、病院に到着する前に死んじゃうんじゃないかって思ったくらい。

 

 

その時に手渡された黄色い網がとてつもなく臭くて、病院に到着して直ぐに手を洗った記憶がある。

 

 

捕獲器やキャリー、網などは一回毎に洗って消毒しないと、パルボなどを蔓延させる事に繋がる。

 

 

世間から高い評価を受けているボランティアでも、一事が万事私は尊敬出来ない。

 

 

 

ジュラは、その時点で480g生後1ヶ月のチビチビ。

 

 

コクシやキャンピロ、真菌の治療をしてからは、メキメキ元気で活発な男の子に成長してくれた。

 

 

風邪一つ引かない、とっても元気な子に。

 

 

だから、ずっと忘れてた、ジュラがキャリアだってこと。

 

 

自分のウンコを転がして遊んだり、私の冬の必須アイテムもも引きを干しておくと、グイグイ引っ張ってダメージもも引きにしたり、予想外の事をして私を驚かせてくれたジュラ。

 

 

母子感染、生後1ヶ月半までの感染の場合には、一歳まで生きられる確率は、約1割と言われている中、ジュラは一歳9ヶ月まで生きてくれた。しかも元気いっぱいに。

 

 

これも嬉しい予想外だ。

 

 

この事は、ジュラに感謝したいし私の誇りです。

 

 

 

 

 

 

 

この子達にも感謝。

 

 

白血病キャリアの、かつお♂とタラコ♀

 

 

 

 

来月で三歳になる。

 

 

この子達も私と一緒に今まで、白血病のわかめちゃん、テンちゃん、カンちゃん、シャムニさん、そしてジュラを看取って来た。

 

 

何事もなく穏やかに過ごせます様に‥。

 

 

 

 

ジュラの事をご心配下さり、応援して下さった皆様に感謝致します。

 

 

大好きなちゅーるを食べさせてあげる事が出来ましたし、最後に医療をかけてあげる事が出来ました。

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

| - | 06:40 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
ジュラちゃん、頑張ったね。本当に立派な猫生お疲れ様でした。必死に病と闘った姿、立派で尊敬します。
私も看取れなかった子が多数います。
最後にゲージが荒れてた子、狭い隅っこに挟まったまま亡くなった子、苦しかった最期にいてやれず後悔ばかりでした。
おつらいと思いますが、少しずつ元気になってくださいね。
猫さんたち、天使になって絶対見守ってくれていますから、お身体大切にしてください。
| 由香 | 2018/04/03 4:18 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ushimaru.jugem.jp/trackback/775
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH