<< クロジとミケミケの旅立ち | main | 祝!正式譲渡ダイヤくん >>
シャム吉くん



今日は冷たい雨が降り続く予報です。



こんな日は、特に外で暮らす猫達の事が気がかり。



雨に濡れない様に、人目につかない場所でじっとしているしかなく、1日一回のご飯をひたすら待っている‥。





二年前の引っ越しの際に、前住まい付近から保護した、ツッチーとシャム吉くん。



仲良しコンビ揃ってエイズキャリア。



ツッチーが亡くなってから、シャム吉くんは二度目の脱走。



もう一年になります。



しばらくは、家の周りに居たのですが、一週間程姿がなく‥。



ご飯やりの際に、ニャーニャーとシャム吉くんの声。



その場所は、前住まい付近。



震災後、徐々に建物に傷みが生じ、取り壊しのために引っ越ししました。



なので、更地になってしまった場所。



今の住まいからは1キロは離れている場所、しかも途中には交通量の多い大きな道路もある。



一週間かけて戻っていったシャム吉くん、きっとその間は飲まず食わずだったろう‥。



脱走直後や移動場所が分かってから何度も保護を試みましたが、ちょっとした動きにも敏感に反応し、捕獲器を見ただけで逃げて行く‥。



捕獲はしばし諦めて、必ずご飯の時間に出て来てもらう様に何もせず食べさせる事に変更。



そして一年。



シャム吉くんは、甘えん坊な性格で、最初は他の猫達にもスリスリしていたのですが、何故か他の猫達から攻撃されてしまう。



そのうちシャム吉くん自身も、他の猫達に過敏に反応して怖がったり自ら攻撃したり。



ケージに入れると、一段目から三段目を何度も登り降りを一時間も鳴きながら繰り返し‥。



他の猫と暮らす事、室内飼いがかなりのストレスになっていた様でした。



隙あらばと、脱走するチャンスを狙っていた。



相棒のツッチーが亡くなって更にエスカレートしてしまった様でした。



外でツッチーと仲良く暮らしていた頃の方がシャム吉くんにとっては良かったのか、あの場所に戻った。



ツッチーはもう居ないのに‥。





現在は、毎日ご飯を待っているシャム吉くん。



触れますし、無理すれば保護も出来るくらいに信頼関係が出来ています。



ですが、保護はしません。



シャム吉くんが、外で暮らす事が厳しい状況になったら保護します。



室内で他の猫と暮らすストレスより、寒くても暑くても自由を選んだシャム吉の気持ちを尊重しようと思います。










1日一本のちゅーるを楽しみに待っているシャム吉くんです。






| - | 09:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ushimaru.jugem.jp/trackback/754
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH