<< 少しでも前へ | main | やっぱり >>
家猫へ
昨年から捕獲作業を続けていたローダやチーママの居る公園近くの黒猫さんを、やっと昨夜保護出来ました。

そっくり黒猫二匹のうち、今日保護出来たのは昨年8月に避妊手術をさせて頂いた方の黒猫さんでした。

この黒猫さん、避妊時に耳の炎症があって耳カットをしていないので、余計に見分けがつかなかったのです。

警戒心も強く、常に一定の距離を保ちご飯待ちの時には車の下で、私が離れないとご飯を食べ始めない子。
ですが、私より以前にこの黒猫さんのお世話をしていたT町のKさんが、お家に入れてくださいます。

この黒猫さんが居るところには、ホウキを持って猫を追い払い、ご飯をあげている人に怒鳴りつける猫嫌いのオジサン宅もありますし、不憫に思ってくださっての事。

今日病院でエイズ白血病陰性でしたので、7種ワクチンとレボリューション、爪切りを済ませてKさん宅へお届けしました。

威嚇はしませんが、固まり系にゃんこ。

終始目をまんまるくしてプルプル震えておりました。
しばらくはケージで慣らしてくださいますが、どうしても家猫生活がストレスになる様なら数ヵ月後に庭猫にする可能性もあるとの事で、今回は耳カットをさせて頂きました。

うまく馴染んでくれると良いですが…。

何はともあれ、今日からこの黒猫さんは、寒さや飢えから解放され、おっかなーいオジサンから追われる事もなくなります。

私も一安心。

2015012319480000.jpg

2015012722190000.jpg

2015012722450000.jpg

2015012809590000.jpg

2015012817380001.jpg

2015012817380000.jpg
Kさんへお届け

2014080418390000.jpg
昨年8月の避妊時

2014080519120000.jpg
リリース時

2015012822400000.jpg
今日の黒猫さんの医療費¥8532でした。
麻酔と耳処置代はサービスして頂きました。


今日も猫の搬送は、知人とせぱゆさんにお世話になりました。

有難うございます。



それぞれの猫スポットに新顔君達が現れ、あちこちで発情の鳴き声がする様になりました。


大きな声で鳴き、ケンカをする事で、それを良く思わない猫嫌いな人間が増える。

ウルサイと言って水をかけられたり、石を投げられたり…。

不憫だなぁ…。



ここ数日姿がなかった駐車場の耳キジ君が亡くなりました。

死因は分かりません。

耳キジ君は、駐車場から数百メートルしか離れていない90代のお婆ちゃん宅出身の子。

最期は、そのお婆ちゃん宅で静かに逝ったそうです。
私と耳キジ君の付き合いは一年半程でしたが、いつも一定の距離を保って触れない子でしたが、黒ちゃん三毛ちゃん、ミケミケとは仲良しで毎日一緒にご飯を待っていてくれていました。

僅か二年半の短い猫生でした。


どうか安らかに…。

2013092718200000.jpg
去勢時の耳キジ君
| - | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH